ロゴ

JOB情報.net

建設関係の仕事に就くには求人を探す方法を知っておこう!

はじめに

求人サイトや派遣会社で建築関係の仕事を探しているとよく見かける施工管理という職種ですが、施工管理とはいったいどのような作業を行うのでしょうか?また、施工管理はどのような資格が必要なのでしょうか?建築現場で活躍したいとお考えの方に、施工管理について詳しくご説明します。

建築関係のお仕事について

家

施工管理で行う作業

建築現場で行う作業の工程を管理したり、現場で働く人々の安全を管理したり、品質を保つための管理を行ったりと、施工管理は重要な管理作業をたくさん行う仕事です。この施工管理を行う現場監督がいることで、建築現場の作業を安全かつスムーズに進めることができ、決められた期間内に仕事を終わらせることができるのです。

施工管理として働くには

施工管理として働く場合は、それぞれの現場に合わせた資格を持っていなくてはなりません。もちろん経験も必要になってきます。建設現場で働くなら建設機械施工技士、建築現場で働くなら建設施工管理技士、電気工事の仕事に就くなら電気工施工管理技士というように、決まった資格を取得しなければなりません。後々大きな工事現場で活躍したい場合は、2級から取得し、その後1級を目指して資格の勉強に励むことをおすすめします。

施行管理の仕事を探すには

施行管理の仕事に就きたい場合は、株式会社アーキ・ジャパンなどの派遣を行っている会社を調べてみてはいかがでしょうか。株式会社アーキ・ジャパンでは、建築に関わる多くの求人情報を取り扱っているため、目当ての求人を探すことができるでしょう。
株式会社アーキ・ジャパンには、未経験者や女性も働くことができるように支援も行っています。

仕事を探す2つの方法

建築関係の仕事を探す場合、株式会社アーキ・ジャパンのような派遣会社や求人サイトで探す方法があります。自分に合った情報探しを知るために、それぞれのメリットについて比較してみましょう。

求人サイトと派遣会社のメリットを比較

求人情報サイト

求人情報サイトでは、就きたい仕事を自由に探すことができたり、転職する際に身につけておいたほうが良い履歴書の書き方や面接の受け方などが詳しく乗っているというメリットがあります。また、無料でサービスを利用することができる求人情報サイトもあり、掲載されている求人に直接応募することができるという魅力もあります。すぐに仕事に就きたい方におすすめの就活方法です。

派遣会社

派遣会社は、人材募集を行っている企業と休職中の方の仲介役のような立ち位置で、双方にマッチした条件で紹介を行う企業です。求人を自分で探した場合に、入社してから自分には合わない仕事だったと感じたり、募集した企業も思っていた人材と違っていたと感じる場合もあります。そのような差を無くすために、適切な紹介を行うのが派遣会社です。

建築関係の仕事

建築関係の仕事には、建築士という仕事もあります。建築士の仕事は、設計から工事の管理までを行うもので、一戸建ての住居から大きなビルまで、さまざまな建築物の設計を行います。また、建築現場での監督業務も行います。その建築士には3つの種類があります。それぞれリスト形式でご紹介します。

建築士の種類

  • 建物の設計に大きさの制限がない一級建築士
  • 一般的な住宅の設計ができる二級建築士
  • 2階までの木造建築物を設計できる木造建築士

建築士の業務

建築士が1名しかいない企業では設計から工事監理まで全て行わなくてはいけませんが、建築士が数名いる場合はそれぞれ特化した能力に合わせて業務が分けられています。それぞれ4つの業務の流れを詳しく解説していきます。

建築士の行う4つの仕事の流れ

依頼主の要望を聞く

建築作業を始める前に大切なのが依頼主の要望を聞くというものです。お金を頂いて作業を行うのですから、きちんと依頼主のイメージ通りの建物に仕上げなければいけません。そのため、間取りや使用する建材以外にも細かい部分まで意見を聞くことが大切です。

設計

依頼主の要望を聞き、建築のイメージができたら、次は設計業務を行います。一級建築士は、設計できる建物の大きさに制限がないため、一般的な一戸建ての住宅やオフィスビル、カフェなどの店舗、さまざまな建築物の設計を行います。それぞれの依頼主の要望に合わせて計画を立て、設計業務を進めます。

工事監理

設計が完了したら、次は工事監理です。工事監理では、実際に建築作業を行っている現場に出向き、進み具合や設計図通りに作業が行われているかチェックします。現場で作業している作業員の意見も聞き、他に使用したほうが良い建材の提案が合った場合は、再び策を練ることもあります。

申請時に使用する図面の作成

建築を行う前に、申請に必要な図面作成も行います。建築した建物の耐震強度は基準を満たしているかなど、法的な基準をきちんと満たしているかという申請を行わなくてはいけません。その図面作成も建築士が担当します。安全性を証明するためにも必要な業務になります。

[PR]

ヘッドハンティングの情報満載!
不明点は相談を! 現場監督の採用求人を厳選公開
転職を成功させよう 施工管理職への転職を成功させよう
年収アップも夢じゃない! タクシー運転手求人は大阪で探そう
再就職したい人にオススメ☆
広告募集中

Copyright©2017 【建築関係の求人情報まとめ】建築業を探す方法と建築士の仕事とは?|JOB情報.net All Rights Reserved.